▼しょくぱんのプロフィールはこちら▼

元不登校、会社をやめる。

経験談
スポンサーリンク

・むかし不登校でした。

知っている方も知らない方もおられると思いますが、僕はむかし不登校でした。

いじめられたり、勉強が苦手だった訳ではなく、何となく学校に行きたくないと思って、学校に行かなくなった不登校でした。

期間でいうと、小学3年生から中学1年生までの約5年間不登校をしていました。不登校といっても、全く学校へ行かないのではなく、行くときもあれば、行かないときもあるというような不登校をしていました。

意志が強く、自分で行かないと決めたら親や学校の先生から何と言われようが行かない頑固者でした。「自分では学校は面白くないところ」と思っているのに、まわりからあれやこれやと学校に行かないといけない理由を並べられても、全く僕の中に響きませんでした。

・新卒で民間企業に就職しました。

そんな不登校だった僕も、中学校の途中から徐々に学校に通うようになり、高校へも行き、大学も卒業して、民間企業に就職することができました。やりたかった仕事にも就くことができて当時は満足のいく生活を送れていました。

しかし、いざ社会人生活が始まると、大変な思いをすることが増えてきました。

やりたかった仕事なので、それなりにその仕事に対する自分の考え方がありました。

不登校だったときもそうなんですが、自分の意志が強く、自分と違う意見にはなかなか同調することができませんでした。それでも仕事なので「がまんしてまわりに合わせることも必要だ」「まわりに合わせることができるのが大人だ」と変に大人ぶって考えて、まわりの意見に同調しているかのように過ごすことが何度かありました。その調子で何とか仕事を続けることができていました。

・会社やめました。

まわりに合わせるといっても、自分が妥協できる範囲内で合わせて過ごしていました。

そんなある日、やりたくない仕事を任されそうになることがありました。もちろん仕事なので、やりたいことばかりやるのではなく、時にはやりたくないこともやらないといけない場面が訪れてきます。

ですが、僕はそのやりたくない仕事を断ってしまいました。

どうしてもそこを妥協して仕事をすることができなかったのです。今までそれなりにまわりに合わせてやってきました。それなりに合わせることができていたのに、その時仕事を断ったことで、一気に自分を縛っていたタガが外れたかのようになりました。

このことがきっかけで、「もうまわりには合わせたくない」「自分がやりたいことをやる」と思うようになりました。

その「自分がやりたいこと」をその職場でやり倒すのかというと、そうではありませんでした。気持ち的にも疲れていたことがありましたし、他の人の考え方を変えさせたいとも思いませんでした。その人にはその人なりの考えで行動している(僕は共感できないが)ので、そのことを否定するつもりはありませんでした。

じゃあどうすればいいか。

「そうだ会社を辞めよう」「一人で仕事をしよう」という考えに至りました。

もちろん「一人で仕事をしよう」は極論で、仕事をするには実際には一人ではできません。僕が考えたのは、「自分でやりたい仕事を選ぶ」ということです。どこかの組織に属していたら、自分のやりたいこと、やりたくないことを自分で決定するのが難しい時があります。なので、どこの組織にも属さず仕事ができたらいいなと思い、会社を辞めることに至りました。(H30年9月30日付けで退職)

実際に会社をやめた今、少しの間はゆっくり過ごそうと考えています。自分のこれからを考えつつ、気持ちのリフレッシュもしようと思っています。(そのうちアルバイトくらいはするかなー。)

・自分なりの成長を感じたこと。

そんなこんなで会社をやめた僕ですが、その中でも自分なりに成長を感じたところがあります。

むかしの自分だったら、しんどくなりきってから学校に行けなくなっていました。

今の自分は、しんどくなりきる前に、自分の判断で会社やめることを決断できるようになりました。このことは自分の中では大きな成長だと感じています。

「行けない」と「行かない」は大きな違いだと思います。

僕はこの決断ができるようになった自分は「強い」と自分に言い聞かせ、これから新たな生活に挑戦しようと思います。

どうか皆さん温かく見守っていただけると嬉しいです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました